« 『かんたん短歌』終了に寄せた短歌 | トップページ |


誰でもが »




夢の中で詠んだ短歌

犬が来て予定時刻を告げるから飽和できない抱擁ばかり

 今朝、短歌教室の生徒をしている夢を見た。その中で作った短歌。講師は誰なのか不明。課題も不明。目が覚めて、忘れないうちにメモした。


|

« 『かんたん短歌』終了に寄せた短歌 | トップページ |


誰でもが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:


夢の中で詠んだ短歌
:

« 『かんたん短歌』終了に寄せた短歌 | トップページ |


誰でもが »