鉄橋と花電車と未来遺産

 都電荒川線で花電車(乗車はできない)が運行されたのは2011年のこと。33年ぶりの花電車をイラスト作品としてぜひ残しておきたい……私は花電車の映える構図を探すため、都電に乗り込み、早稲田と三ノ輪橋間を何度も往復した。
 そしてたどり着いたのが、都電雑司ヶ谷と鬼子母神前の間にある、目白架道橋。車道をまたぐ鉄橋としては都電荒川線唯一であり、都電ファンには人気のスポットだということは、イラストを描くと決めてから知った。バースデイケーキのような装飾が施され、まばゆい光の演出を受けた花電車「花100形」が夜の鉄橋を駆け抜ける、いや「駆け上がる」光景は幻想的であるだけでなく、大変頼もしいものだった。勾配の急なこの区間を都電が走るさまには一途さを感じ、小さな車体に私は大きな希望を抱いたのだ。
 なぜ古い話を今ごろ持ち出したのかというと、この鉄橋が花電車の運行後間もなく閉鎖されたという事実を、恥ずかしながらつい最近になって知ったからである。
 花電車が運行されたのが11年の10月で、鉄橋はこの年の12月11日を最後に閉鎖された。都電自体の運行に変わりはないが、直下から見上げることができなくなったというわけである。
 土日を中心として5日間限りの運行だった都営交通100周年記念の花電車。1枚とは言え、今はなき鉄橋との組み合わせを作品として残せたことは、今にして思えば幸運であった。
 イラストの構図となった現場まで、久々に足を運んでみることにした。この付近では都市計画道路環状5の1号線の整備が本格的に始まっており、都電の線路の両側には建設機械や資材が所狭しと置かれていた。この工事が進むと、都電の両側に1車線ずつ、地下に2車線、合計4車線の道路が出来上がるという。
 鉄橋は当然ながら完全に閉鎖され、歩行者さえも通ることが出来なくなっていた。大きなプロジェクトの流れとは言え、やはり寂しいものがある。
 しかし、現時点では鉄橋の構造物自体は完全に撤去されていないと見え、「そこに鉄橋があった」という名残りはかろうじて認められた。いずれ、その名残りすらも完全に消えてしまうのだろうが、素朴な光景は私の記憶の中には残ることだろう。
 一方で、長い歴史の中で育まれてきた景観や風習、例えば安産祈願で有名な鬼子母神堂などの建築物、雑司ヶ谷霊園の森、「すすきみみずく」(郷土玩具)や雑司ヶ谷七福神巡りなどの文化資源を尊重し、残していく動きもある。そして、それらを未来に伝えるための熱心な市民活動が、厳正な審査を経て昨年12月、(公社)日本ユネスコ協会連盟の「プロジェクト未来遺産」に選定された。
 鬼子母神の境内には、江戸時代から続く駄菓子屋が店を構え、飴や煎餅をばら売りしている。未来遺産の名の下に、このような素朴な存在にも光が当たり、保護されるような未来が訪れるなら、すてきなことだ。
 都電に唯一現存した鉄橋は撤去され、大規模な都市計画の真っただ中にある雑司ヶ谷地区。様々な考え方があるのだろうが、その景観の中に都電が含まれていることについては安堵(あんど)している。そして、新しい街づくりが進む一方、伝統的な文化を守る運動も活発化しているこの地域が今後どのように発展していくのか……。大変興味深いところである。
 都電の鉄橋跡と鬼子母神参りの帰り道、線路沿いの道路から灰色の猫が私の目の前に飛び出し、一瞬目が合った後、急ぎ足で踏切を渡っていった。この猫も、かつてあの鉄橋をくぐったことがあるのだろうか。あるとしたら、今目の前に広がっている過渡期の風景をどのように受け止めているのだろう。もしも猫語が話せたとしても、未来遺産という概念を簡潔に説明することは難しい。けれども、「それほど不安になる必要はないよ」と一言伝えてあげたいと思う。

※鬼子母神の鬼の字は、正式にはツノがない。
※都政新報(2015年2月3日号) 都政新報社の許可を得て転載
新聞にはモノクロで掲載されましたが、原画はカラーです。原画はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライオンバスの最終便

 日野市にある多摩動物公園。ここには世界で最初のライオンバスが走っている。ライオンバスとは、放し飼いされたライオンのいるエリアを運行し、車内からライオンを間近に見ることの出来る専用のバスのことである。 
 同様の試みを行う施設は今では全国に点在するが、一般入場者が自動車で動物のいる場所へ入り込み生態を観察することのできる施設としては、1964年に運行を開始したライオンバスが世界で最初なのだという。日本ではなく、世界で最初というのがすごい。
 ライオンバスの乗り場は「アフリカ園」の一角にある。ケニア共和国のナイロビにある回教寺院を参考にしたというその建物は、白い塔とその先端にある金色の玉ねぎのような装飾が特徴的だ。 
 自動券売機で乗車券を購入し、地下通路経由で乗り場へ向かう。ライオンバスが地上とは隔離された一段低い場所を走るためだが、動物を観察する目的でいったん地下に潜るという非日常感が面白い(乗り場は地下だが、バスが発車すれば空が見える)。
 乗車したのは平日の最終便。しかも雨天とあって、乗客は私一人であった。学校が休みの時期には親子連れで乗り待ちの行列が出来るというから、貸切状態というのはある意味貴重な体験である。鉄道駅のような改札口を通り、バスの指定された座席に乗車。
 「走行中は歩かない」「立ち上がらない」といった安全上の注意を係員から一通り受ける。この辺りは普通の路線バスと同じだ。違うのは、運転席の先にゲートがあること。発車準備が整うとゲートが開く。金属製のゲート、つまり檻だ。檻が開き、バスは慎重にライオンの待ち受ける平原を進んでいく。駆け抜ける感じではなく、「お邪魔します」といった風情で。
 「ライオンが飛び出してきて急ブレーキをかけることがありますので、立ち上がったりしないでください」。先ほどと同じような注意が、今度は自動音声で流れてきた。自動なのはそこだけで、それ以降は運転手の肉声アナウンス。
 「前方に見えます2匹は兄弟です」「あ、木に登っているライオンさんがいますね。これ、珍しいんですよ」。乗客は私一人だというのに、運転手はライオンについて丁寧に解説をしながら安全にバスを走らせる。
 やがて、木で出来た朝礼台のような構造物の横に停車。台の上には、示し合わせたように1頭のライオンがいた。バスに取り付けられた馬肉を食べるために待っているのだ。ガラス越しに、百獣の王の迫力満点のご尊顔。乗客に子供がいたら、最も盛り上がる場面なのだろう。
 しかし、私が最も興味を持っていたのはその後の展開であった。ライオンバスの最終便はクラクションを鳴らすという話を以前耳にし、実際に確認してみたかったのである。
 その時は、来た。運転手がバスを停め、「これからクラクションを鳴らします。クラクションを鳴らしますと、ライオンさんたちがおうちに帰っていきます」とアナウンス。長い長い吹鳴(すいめい)が辺りに響いた。
 その音を合図にライオンたちが同じ方向を向き、静々と歩き始めるのである。いつの間にか、ねぐらへと通じる柵が上がっていた。
 唐突だが、ロシアの人気人形アニメ、チェブラーシカにこのような場面がある。ワニがワニとして動物園に勤務し、定時になると檻から出てスーツに着替え、動物園の守衛にあいさつし自宅アパートに帰る。チェブラーシカの話になぞらえ、ライオンたちはクラクションを合図に勤務を解放され、翌朝開園前にラジオ体操をしてから定位置に着く……そんな妄想が頭に浮かんだ。
 多摩動物公園のライオンバス。最終便はクラクションでライオンたちを誘導するという話は本当だった。ライオンたちに、「今日も一日お疲れ様でした」と声を掛けたくなった。

※都政新報(2014年2月7日号) 都政新報社の許可を得て転載
新聞にはモノクロで掲載されましたが、原画はカラーです。原画はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もどこかで、バス運行

Toseishimpo110222 縁あって交通局に入局したのが2007年。気がつけばまもなく満4年。その間、数多くの失敗を経験したが、先輩方に支えられ、少しずつ仕事のやり方を覚えてきた。
 「成長した」という表現はおこがましいかもしれないが、バス運転手としての技術はこの4年で格段に高まったと自負している。
 「いつ誰に自分の仕事を見られても恥ずかしくない」そんな働きぶりを理想とし、少しでも理想の姿に近づけるよう、日々奮闘中である。
 さて、その奮闘の中身であるが、職務が職務なだけに、ひたすら走る、走る、の繰り返しである。もちろん、ただ走るだけではいけない。車やバイク、軽車両、そして歩行者が交錯する東京の道路を、大勢のお客様を乗せながら安全に走らなければならない。しかも、常にバス停の通過時刻を気にしながら走るのだから、気が抜けない。
 さらに、お客様からは、鉄道の乗り換え方法、沿道の病院・大学・飲食店の最寄り停留所についてなど、さまざまな質問を受ける。ただ黙って運転しているだけでは済まないのだ。
 道路混雑のため運行が遅れ、罵声を浴びせられることも時にはあるが、その一方で、温かいねぎらいの言葉をかけてくださるお客様もいて、世の中捨てたものではないと感じている。
 バスは、春夏秋冬年中無休で、人々の喜びや悲しみや偶然の出会いを運ぶ。子供たちの思い出に残ることもあるだろう。そんな乗り物を運転している私は、お客様にとってはおそらく記憶に残らない人物であるが、それでも、自分の仕事が確実に人の役に立っているという事実がうれしい。
 「発車します。おつかまりください」……今日も東京のどこかで、私は黄緑色の都営バスを走らせている。

都政新報(2011年2月22日号)投稿欄「よりみちサロン」に掲載
※都政新報社の許可を得て転載
新聞にはモノクロで掲載されましたが、原画はカラーです。原画はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)